パイロットの高級シャーペン『タイムライン』がクセになる【口コミ】
  • 高級シャーペンってどう?
  • タイムラインが気になっている
  • タイムラインの口コミが知りたい

仕事でお世話になっている方から、パイロットの高級シャーペンタイムラインを頂きました。色々種類はあるものの、なんと価格は最上位で7000円

パブロ(汗)パブロ(汗)

えっ?シャーペンで7000円って高すぎない?一体何がすごいの??

ここでは実際に自分では決して買うことはなかったであろう、タイムラインについて使ってみて良かったポイントや書き心地について口コミ・レビューしてみたいと思います。

スポンサーリンク


タイムラインシリーズの種類

購入店にもよりますが、「名入れ」加工も可能です。シリーズにはボールペンと、シャーペンがありそれぞれのデザインによって『FUTURE(フューチャー)』『PRESENT(プレゼント)』『PAST(パスト)』と名付けられており、最上位のパストが7000円、フューチャーは5000円、それ以外は3000円となっています。

タイムライン油性ボールペン

まずはボールペンの『フューチャー』グリップの部分がメタルっぽい素材になっており、高級感のあるデザインとなっています。値段も5000円と高級な一本。

プレゼントはグリップ部分がクリアになっており、よりポップなデザインでカラーバリエーションが豊富。価格は3000円ですが、その書き心地はその他のモデルと変わらない最高レベル。

最後にボールペンにのみ存在するのがパストです。こちらはシックな木目調のグリップでレトロな高級感漂う一本。値段は7000円と、一番高い設定になっています。もはや成功者の領域です。

タイムライン「シャーペン」

こちらが今回紹介しているシャープペンタイプのフューチャーモデル。値段はボールペンと同じく5000円となっています。

シェーペンタイプのプレゼントモデル。遊びのあるカラーとスケルトンのグリップはシャーペンでこそ本領を発揮するかもしれません。見かけ以上の本格的な作りは他のシャーペンとは一線を画します。

お洒落な外観とペンケース

パイロット タイムライン シャーペン
まず注目したいのが付属のペンケースです。縦型にシンプルなプラスチック製のケース。カバンから取り出すたびに所有欲を満たしてくれる重要な付属品です。中からシャーペンが出てくるとは思えないスタイリッシュな仕上がりはとても満足感が高いです。

パイロット タイムライン シャーペン
実はこのケース、そのまま立てて置けてばペンたてになります。オフィスのデスクにあると『高級ペン』だぞと存在感があっていいかもしれません。

パイロット タイムライン シャーペン
さらに縦置きに飽きたら、溝を使って横置きにしてしまいましょう。何かさらに洗礼された感覚があります。

パブロパブロ

この溢れ出す高級感にはきっと同僚も迂闊に手を出せません。『シャーペン貸して!』なんて気軽には言わせません。

二段階回転式のユニークな使い方

パイロット タイムライン シャーペン
何と言ってもタイムラインの最大の特徴は『ダブルアクション』と言われる二段階の回転式機構を取り入れた使用方法です。「ペンの歴史を書き換えました。」とパイロット社が公言するその機能についてみていきましょう。

まずは上記の写真が初期のペン先の状態です。ペン先が本体の中に格納されており、シンプルながらも『このペンどうやって使うの?もはやペンなの?』と思ってしまう独特のデザインです。

パイロット タイムライン シャーペン
一段階、捻ると本体の中からスムーズにペン先が出てきます。

パブロパブロ

しかし実はこのままではまだ芯をノックすることができないんです。


パイロット タイムライン シャーペン
さらに二段階目に本体を回転させるとさらにペンの直径が伸びて、グリップ部分と上部に伸び代が加わったのが判ると思います。この状態でノックすれば芯が出てくるというタイムラインならではの仕様。

あえてこの機構のメリットをあげるとするなら、『ペン先が壊れにくい』『服にインクがつかない』といったところでしょう。しかしタイムライン本来の良さはそんなところではないと私は考えています。

パブロパブロ

とにかくなんか『かっこいい!』『すごそう!!』。それでいいんです。

考え抜かれた書き心地

パイロット タイムライン シャーペン
肝心の書き心地ですが、ペンの重心が先端近くにあり、とても滑らかにペンが進む感覚があります。圧倒的に何かが優れるかと言われれば回答に困ってしましますが、、、とにかく高級シャーペンを使っている時の気分は悪くないことは確か。

パブロパブロ

「もっと書きたい!」という気持ちが溢れてくるので、仕事や勉強に集中できない、ダメ人間にこそ試してもらいたい!笑

PILOT『timeline』はプレゼントにおすすめ

ここまで期待をさせておいて、このように結論づけるのはどうかと思うのですが、値段を考えると『自分で購入するのはちょっと抵抗がある』というのが私の正直な感想です。ただ角度を変えてプレゼントで誰かかからもらえるとすると、とても嬉しい。

特に万年筆やボールペンは拘りがあったり、すでにいいものを使っているという方も多いでしょう。そこであえて高級なシャーペンというのはなかなか自分では買わないので、プレゼントとして最適ではないでしょうか。

スポンサーリンク