写真を保存できる安心安全なクラウドサービス5選|サービス比較

どーもパブロ(@culionlifehack1)です。

  • 写真のバックアップを残したい
  • スマホの容量がいっぱいになった
  • どのクラウドサービスがおすすめ

あなたはスマホやカメラで撮影した写真や動画のデータをどの様に保存してますか?
クラウドストレージサービスには様々な物がありますが、ここでは写真保存に適していて実績のある5つサービスの概要と違いついて紹介しています。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


クラウドサービスとは

写真保存クラウドサービス
簡単に言えばスマホやパソコンの中ではなく、ネット上のサーバーにデータを保存する仕組みです。
端末上に保存する方法と異なってクラウドストレージには以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット
  • 容量を気にしなくていい
  • どこからでも見れる
  • 故障や紛失しても大丈夫
デメリット
  • 一部有料となるサービスが多い
  • サービス終了になる可能性がある
  • クラウド上に自分の写真が残る
  • 初回のデータ移行に莫大な時間がかかる

写真専用の定番クラウド「Googleフォト」

写真保存クラウドサービス
まず紹介したいのが、大手Googleが提供するクラウドストレージサービスです。
写真、動画専用のストレージですが無料で無制限に保存しておけることが最大の特徴です。設定をしておけば、自動でアルバムのすべての写真や動画が常に最新の状態になります。
また検索機能や勝手に思い出をまとめて提案してくれるアシスタント機能が楽しいです。

無料プラン 画像の自動圧縮がOKなら、無制限で無料
画質を維持する場合は15GB/1,600万画素まで無料。
有料プラン ※圧縮せずに保存する場合
250円/月(100GB)
1,300円/月(1TB)
2,600円/月(2TB)
13,000円/月(10TB)
26,000円/月(20TB)
39,000円/月(30TB)
特徴 アシスタント機能や専用アプリなど、利便性や簡便性は非常に高いです。
また多少の画像の劣化を気にしないなら、無料無制限と頭一つ飛び抜けたサービス。

★合わせて読みたい関連記事★

プライン会員なら「Amazonプライムフォト」

写真保存クラウドサービス
Amazonプライム会員ならとりあえず、ここにしておきましょうと言いたくなるのが「プライムフォト」サービスです。
送料無料やプライムビデオなどがメインとなっていてあまり目立ちませんが、とても便利なサービス。これを使わない手はありません。
このサービスの魅力は解像度や容量の制限がなく、一眼レフカメラで撮影したRAWファイルの保存が可能なこと。撮った写真を大きく引き伸ばすなど、データを劣化させずに保存したい方におすすめのクラウドサービスです。

無料プラン なし
有料プラン 3,900円/年(Amazonプライム会員費)
容量は無制限
特徴 一眼レフなど高画質やRAWデータの保存に最適。
すでにプライム会員なら迷わずにこれです。
パブロ(汗)パブロ(汗)

リスクとしてはAmazonプライム会員を解約したい時にデータがなくなってしまいます。

Windows以外も連携可能「OneDrive」

写真保存クラウドサービス
ビジネスマンや社会人にとっては馴染み深いサービスかもしれません。
他の上記のサービスとはことなり、写真以外のファイルも含めた、ストレージサービスですが、既にOneDriveを利用していて、一箇所に全てのデータを纏めておきたいなら1番おすすめです。もちろんWindows以外でも自動アップロードなど制限なく使えますので気になる方はMicrosoftアカウントを作成してみてください。

無料プラン 無料:5〜15GB
有料プラン 249円/月(50GB)
1,274円/月(1TB)
特徴 Officeとの連携や編集が可能なので、加工など2次利用を前提に使用する場合はおすすめです。
パブロパブロ

Microsoftという安心感もいいですね!
ただし上記の容量には写真以外のデータファイルなども含まれますので注意してください。

大手ストレージサービス「Dropbox」

写真保存クラウドサービス
OneDrive同様、写真以外のデータやファイルも含めた総合的なストレージサービスです。
2Gまで無料で、紹介毎に利用可能なストレージが増えます
もちろん有料でも容量の拡張が可能です。ただ画像用途だと2Gは小さすぎるので実質的には有料版サービスを利用することになるでしょう。特段わるい点はないのですが、敢えて写真保存の為の使うのは、他のサービスに見劣りする部分が多いでしょう。いい部分としては、第三者やドロップボックスユーザー間なら、シェアがとても簡単に出来ることでしょう。

無料プラン 無料:2〜16GB
紹介などによって変動
有料プラン 1,200円/月(1TB)
2,400円/月(1TB)
特徴 紹介で無料の容量が拡張されます。DropBoxユーザー間であれば、データ共有などがとてもスムーズ
パブロパブロ

さらに有難い特徴としてはバージョン履歴ファイルの復元が機能あるため誤って写真やファイルを消してしまっても安心です。

2019年の新サービス「フォトバンク」(富士フィルム)

写真保存クラウドサービス
2019年の5月よりサービス開始。
まずはスマートフォン向けのアプリとして提供される予定。5GBまでの保存は無料でそれ以降は有料プランとなりそうです。
先の話になりますが、2020年をめどにフォトバンク内で「マーケットプレイス」を開設を目指しており、このなかでユーザーは写真のデータと関係の深い商品の提案を受ける機能追加を予定しています。

無料プラン 5Gまで無料(執筆時点)
有料プラン 不明(執筆時点)
特徴 「マーケットプレイス」など提携企業商品のレコメンドや広告などサードパーティーとの連携を重視

単に写真を保存するだけでなく、新たな価値を生み出すための企業側の戦略的なプラットフォームとなりそう。
サービス展開は日本だけということで、今後の日本人向けに仕様が分かりやすく改良されると普及するかもしれません。

パブロパブロ

この中では唯一の日本初のサービスとなるので頑張って欲しいです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク