英会話初心者のビズメイツ20回・通算30時間の学習効果と感想

ビズメイツオンライン英会話「Bizmates(ビズメイツ)」で英語学習を開始してから通算20回のレッスンを受講しました。英語のど素人がオンライン英会話を使って、どれだけ英語が話せるようになるのかを検証する意味で定期的にその効果や感想をまとめています。

1回のレッスンが約30分(正確には25分)なので通算10時間、英語を話してきたことになります。予習復習は内容にもよりますが、1回1時間として総勉強時間は30時間です。

是非、英語学習に挑戦している方や、これからオンライン英会話を始めたいと思っている人の参考になれば幸いです。

★前回の記事★

スポンサーリンク


ビズメイツ開始時の私の英語レベル

まずは私がビズメイツを開始した時点での英語のレベルについて紹介しておきます。

  • 入社時のTOEICで500点弱
  • たまに参考書やリスニングをする程度
  • 仕事で英語を使った経験はほぼなし
  • とりあえずなんとなく英語喋りたい
パブロ(汗)パブロ(汗)

要するに典型的な「受験英語型人間」で英会話ど素人ですね

リーディングはそれなりにできるものの、リスニング、スピーキング、ライティングは全くダメです。

因みに最初にビズメイツの無料体験レッスンを受講した際には、講師がゆっくり話してくれていれば、意味がわかるものの、なんと返せばいいかわからず、「オフィスワーカー!」「YES!」「NO!」とかほぼ単語レベルでの受け答えしかできない状況でした。

普段の「Bizmates」学習方法

  • ビデオレッスンで学習内容の予習
  • テキストの音読
  • 自分で「ACT」パートの文章を考える
  • レッスン後に新しく覚えた単語や、発音を復習

だいたい毎回のレッスンを上記の様なサイクルで学習しています。本番のレッスンは約30分ですが、予習や復習を含めると1レッスンあたりおよそ1時間ぐらいの学習時間となっています。

パブロパブロ

主な予習・復習は通勤時間にこなしています!!声に出したい場合は、レッスン開始前30分ぐらいを使ってPCの前でテキストの音読をしています。

補足

「ACT」パートとはビズメイツの毎回のレッスンの最後の項目で、学習した単語や、文法を自分の置き換えて、自分なりの言葉で表現をする練習のことです。

最近、気づいたことがって、当たり前のことではあるのですが、予習の際に準備した文章を「書く」という作業はとても重要です。

英会話では何度も口に出すことも重要ですが、それ以前に文法やスペリングの観点からも自分で書く、もしくはPCやスマホにタイピングすることで定着率が向上するなと感じています。

それなりに時間はかかってしますのすが、やはり時間をかけて丁寧に文章の構造や、意味を深く理解した文章は、シュチュエーションが変わっても咄嗟に出てくることをこの期間に学びました。

レベル1ランクA 11〜20レッスンの内容

今回の10回のレッスンで学んだテーマについて以下に記載しておきます。私の場合は無料体験レッスンでのレベル判定の結果、一番レベルの低いレッスンからのスタートしており、「レベル1、ランクAのレッスン11〜20」が今回の受講内容となります。

  • 不定詞「to 動詞」
  • 不定詞「to 動詞〜ing」
  • 頻度を表す表現
  • 時刻の表現の仕方
  • 未来形
  • 過去形
  • 天気に関する表現
  • 過去進行形
  • よく使う副詞
  • 11〜20の復習

1〜10レッスンの内容に続いてこれだけ見ると「お前、中学生かよ」って突っ込まれてしまいそうですね。確かにテキストの内容は引き続き中学生の復習レベルです。

ただ前回の繰り返しになりますが、大切なのは文法を理解していることではなく、会話の中で適切に表現できることです。

通算20回レッスンを受ける中で、例えば冠詞や時制(過去、現在、未来)という部分については、ビズメイツを開始した段階では、相当意識をしないと正しい表現できなかったのですが、現時点では簡単な文章では無意識にパッと出てくる様になりました。

英会話開始当初は、「ネイティブの人って毎回、冠詞や時制意識して瞬時に判断しているの?」と思っていましたが、少し英語を話すことに余裕が出てくると、自然と冠詞や複数形、時制に意識が行く様になってきました。

パブロパブロ

やっぱり、とんでもなく難しいことを次々やるのではなく、簡単なことをしっかり定着させることが大事ですね!!

前回からの変化や成長、効果について

上記のレッスンで自分の身に感じた具体的な変化や効果について挙げてみます。

  • 準備した以外の会話が少し成立する様になった
  • 長い文章や2文、3文を繋げて物事を説明できる
  • 急なトラブルや咄嗟の対応がなんかできた
  • 細かいにニュアンスを以前より伝えられる様になった
  • ボキャブラリーが少し増えた
  • 仕事で外国人の話がほぼ聞き取れた
  • 英語のメールや資料作成を任される様になった

前回からの大きな前進として、レッスンだけではなく、実際に仕事で英語を使うシーンが増えたということが自分の中では非常に大きな前進です。

パブロ(汗)パブロ(汗)

正確には、レッスン代は会社が払ってくれてるので「できることから英語の仕事をやれ」と半ば強制的に仕事を振られているというのが正しいです。

もちろん、メール送付1つにしても、資料作成にしても英語ができる人に事前にチェックしてもらったりと、人一倍時間はかかるのですが、何とか自分でも7〜8割方の対応はできる様になってきたと感じています。

ここでも大きな気づきがあって最近まで「日常会話もできないのに、ビジネス会話なんてとんでもない!!」と思っていたのですが、実は日常会話の方が難しいということ。

ビジネスメールや、ビジネス会話ってある程度、会話の流れや決まった表現があるので丸暗記や準備で何とかなります。もちろん専門用語などは出てきますが、普段業務で喋っていたりするので、知らないジャンルの話をするよりもよっぽどハードルが低いです。

パブロ(汗)パブロ(汗)

まだまだ全然ですがド素人にとって、とりあえず英語でメール書いたり、資料が完成した時の達成感はやばいです。

レッスン通算20回の軌跡まとめ

まだまだ小さな変化ではありますが、毎回少しづつ確実にステップアップしている実感があります。

ビズメイツを初めて3ヶ月程度、学習ペースを保つのが難しいく中々思う様にレッスンを受けられなかったりしますが、この受講スピードでも成長を感じることができるので、短期集中でがっつり勉強すれば数ヶ月でもかなりの成長をすることできるのではないかと思います。

20回もレッスンを受けていると少し顔なじみの様な講師も増えてきて、楽しくレッスンを進めることができる様になってきました。

英語学習って辛いというイメージが強いですが、私自身はとても楽しく学習できており、全然ストレスになっていないことに驚いています。

もし、あなたがこの記事を読んで、少しでも共感できる部分があれば、是非、今すぐにBizmates(ビズメイツ)に挑戦してみたください!!!